おならの臭い対策と改善方法

おならの匂いが臭い原因とは?

おならや便の匂い(におい)が臭い(くさい)原因は、腸内環境の悪化と悪玉菌の働きにあります。

私たちの腸の中には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という、大きく分けて3種類の腸内細菌たちがすんでいるのですが、このバランスが善玉菌優勢の状態か悪玉菌優勢の状態かによって、腸内環境が左右されています。

善玉菌とは

 
腸内細菌の中で人に有益な働きをしてくれる細菌のことを「善玉菌」と呼びます。

善玉菌は腸の働きを良くして便秘や下痢を改善させてくれたりする働きが知られており、主に炭水化物を発酵させて酢酸や乳酸などを作り出したり、ビタミンB郡などの体に役立つ物質を作り出します。

代表的な善玉菌としては乳酸菌やビフィズス菌がいます。

悪玉菌とは

腸内細菌の中で人に悪さをする細菌のことを「悪玉菌」と呼びます。

悪玉菌は主にタンパク質を腐敗させ、ニトロソアミンや二次胆汁酸などの有害な発がん性物質や悪臭の元となるガスなどを作り出します

代表的な悪玉菌としてはウェルシュ菌などがいます。

日和見菌とは

「日和見菌(ひよりみきん)」は、善玉菌と悪玉菌のうち優勢なほうに味方をする菌です。

悪玉菌が増える原因

腸内細菌のバランスをくずして悪玉菌が増える原因としては、

  • 夜ふかしなど不規則な生活
  • ストレスが多い
  • 肉食中心の食事
  • 野菜や果物をあまり摂らない
  • 運動不足
  • 暴飲暴食
  • 加齢
  • などの影響が考えられますが、それらによって悪玉菌が優勢な状態になると、悪玉菌の働きによって、アンモニア、インドール、スカトール、硫化水素、などの悪臭のもとが作られます。

    こうした理由から、便やおならの匂いが臭くなってしまうのです。

    おなら匂いが臭い時の対策と改善方法は?

    それでは、こうした便やおならの臭さを改善するにはどのような方法で対策していったら良いでしょうか?

    その答えは、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内環境を改善することです。

    腸内環境を改善していくために基本となるのは、やはり普段の生活習慣が重要で、食事や睡眠、運動などを見直し、ストレスを少なくしたり、規則正しい生活をしていくことが大切です。

    しかし、生活習慣をいきなり変えるのは難しい場合がありますし、大きくバランスを崩してしまった腸内環境を改善していくには、生活習慣を改善するだけでは思うような実感が得られない場合もあります。

    そこで、手軽に腸内環境を整えていくための強力な味方になってくれるのが、乳酸菌サプリメントを活用して積極的に腸の中の善玉菌を増やしていく方法です。

    以下のページでは、数ある乳酸菌サプリメントの中から特に腸内環境の改善におすすめできるものをランキングで紹介するとともに、併用することでさらなるスッキリ感を期待できるものも解説しています。

    表示は「便秘解消におすすめの乳酸菌サプリメント」となっていますが、「おならのにおい対策サプリメント」としてもおすすめできるものなので、それぞれの特徴や違いなどをチェックして、ご自身にあったものを見つけていただけると幸いです。