ご訪問ありがとうございます。

当ブログ著者のTAKERUと申します。

慢性的な便秘症とお腹の不調に悩まされる日々

私の性別は男性で、これを書いている現在30代なのですが、10代の時から胃腸が弱く、大人になってからも長いあいだ慢性的な便秘症に悩まされてきました。

なんとか改善しようと、野菜、腹筋、ツボ、水分補給、ジョギング、シリアル、ヨーグルト、乳酸菌飲料、などいろいろ試してみたものの、まったく改善されず、病院に行っても「とりあえずこれを飲んで様子を見ましょう」と下剤を出されるばかりでした。

下剤を使って無理やり出すことができたとしても、根本的な便秘の改善にはつながらない上に、腹痛や薬の副作用などの体への負担がしんどく、そうした中で「なんとかしなくては」と思いつつも、決定的な解決策が見つからず、体質だからしかたが無いと諦めかけていました。

便秘が悪化しすぎて会社をクビに…

慢性的な便秘を抱えたまま、しかたなく下剤に頼る日々が続いていたのですが、ある時、私はついに体調が悪くなりすぎて、昼間から寝こむようになってしまいました。

そして、仕事を何日も休んでいたところ、当時勤めていた会社を突然クビ(正確には「自主退職」を強制的にさせられた感じです)になってしまいました。

当時の私は、お腹のことで本気で悩んでいただけに、自分の体の不調を他の人に知られたくなくて、会社に不自然な説明をして隠そうとしていました。

そうしたことも影響して誤解を招いてしまったところも大きかったと思うのですが、今まで会社のために頑張ってきたのに、こんなにもあっさりとクビにされてしまうのかと、大きなショックを受けました。

腸内環境から根本的に改善していくことを決意

時間がたって冷静さを取り戻していくうちに、「とにかくこの便秘体質を何とかして根本的にお腹の調子を整えていかないと、あたり前の社会生活すら成り立たなくなってしまう……」そんな焦りが強くなりました。

この出来事がきっかけとなって、私は本気で便秘を解消することを決意し、そのために、下剤で一時的な対処をくり返すのではなく、腸内環境から根本的に改善していく方向で取り組んでいこうと決めました。

試行錯誤の日々

そこから、何度も失敗を繰り返しながら試行錯誤の日々が続きました。

やはり、子供のころからずっと続いてきた便秘や腸内環境は、そう簡単に治ってはくれませんでした。

しかし、諦めずにいろいろなものを試していった結果、本当に良いと思える便秘対策や自分に合った方法に出会うことができ、しだいに腸内環境と便秘改善のコツをつかんでいくことができました。

下剤なしで毎日すっきりが当たり前の日常へ

私が実際に試してみて良かった具体的な対策などは、このブログの他の記事でお伝えしていきたいと思いますが、その後、現在では、毎日すっきりと気持ちのよいお通じが自然に来るのが当たり前になり、下剤を使うことも一切なくなりました。

私はそれまで何のとりえも無く、人に誇れるようなものは自分の中に何もないと思って生きてきましたが、慢性的な便秘や子供のころから続いていた腸内環境の悪い状態を改善することができたことで、人間やればできるんだという自信ができました。

苦しかった状態から、お腹の調子が良くなったことで気持ちに余裕が持てるようになり、今では毎日の仕事や人との関わりにも充実感を感じながら楽しむことができるようになりました。

もともと健康な人からすれば、特にすごいことではないかもしれませんが、私のようにお腹の健康で苦労してきた人間にとっては、当たり前の日常を当たり前に楽しめるというのは本当に気持ちの良いことだと感じています。

便秘解消にもコツがあった

こうした経験を通じて腸内環境の大切さを知り、腸内環境を整えてくれる乳酸菌などのことも大好きになりました。

そして、私は長年の慢性的なお腹の不調を実際に克服した結果、ダイエットの成功などにもコツがあるのと同じように、便秘の解消にもコツがあると実感しました。

なので、このブログでは、そういった私の実体験なども交えながら便秘解消のコツなどについてお伝えしています。

もちろん、「便秘の解消法」とひとことで言っても、人それぞれ合う合わないがあると思うので、私が良いと実感できたことがあなたにも良いとは限りませんし、私がイマイチだと思っていることでもあなたにとって良いという場合も考えられます。

なので、このブログで私が言っていることは、あくまでも「考え方のひとつ」程度として聞いていただければと思いますが、現在お腹の不調で悩まれている方にとって、このブログが少しでもお役に立てましたら幸いです。

TAKERU